ネイチャートレッキング

秋川渓谷と温泉を楽しむ 秋川渓谷 小宮散策コース

春の石舟橋
春の石舟橋
秋川渓谷の自然と温泉を満喫

多摩川の支流の中でも最大といわれる秋川。あきる野市から檜原村に及ぶ全長約20キロを「秋川渓谷」と呼んでいます。
新緑、紅葉など四季折々に表情を変える景色は見ごたえたっぷり。その中で小宮エリアには秋川沿いに「秋川渓谷瀬音の湯」や「あきる野ふるさと工房」など、魅力的な立寄りスポットがあり、五感を刺激してくれます。春にはシダレザクラやムラサキツツジ、秋には紅葉を楽しむことができます。
また、養沢川沿いは「花と清流養沢の里」として景観整備が進められているほか、鍾乳洞体験や渓流釣りなどの自然体験を楽しむことができます。
美しい自然に抱かれた癒し体験ができる「秋川渓谷 小宮散策コース」をご紹介します。

おすすめコース紹介
JR古里駅から鳩ノ巣渓谷、白丸ダムへ(大多摩ウォーキングトレイル)
  • 歩行距離 : 約5.9キロ
  • 歩行時間 : 約2時間
秋川渓谷瀬音の湯

スタートは「十里木(じゅうりぎ)バス停」。十里木信号を左折し、「落合橋」へ。橋を渡り、梅や桜、蛍で知られる「徳雲院」へ向かいます。徳雲院からは道なりに歩き、養沢川にかかる「新橋」を渡り、左折を。そのまま直進すると右手に「五注神社(いつはらじんじゃ)」へ入る道があります。五注神社の境内にある杉はあきる野市の天然記念物(樹齢400年)。
もと来た道にもどり、右手の「龍珠院」(桜や紅葉の名所)を経て、景観の良い「青木平橋」へ向かいます。青木平橋を渡り、左折すると檜原街道です。
「あきる野ふるさと工房」は東京都の無形文化財に指定されている「軍道紙(ぐんどうがみ)」や紙すき体験や販売を行っています。
「乙津 花の里」へは荷田子信号で左側の道へ。桜の頃には付近一帯が桜やミツバツツジ(ムラサキツツジ)などに包まれます。
次は「秋川渓谷瀬音の湯」へ。
アルカリ性のとても高い美肌の湯に浸かってのんびりしたあとは、四季の変化が感じられる96メートルの「石舟橋」を渡ると、ゴールの「十里木バス停」はまもなくです。

※このコースは、あきる野市が作成した散策コースを参照させていただきました。
あきる野市公式サイト: http://www.city.akiruno.tokyo.jp/
秋川渓谷の詳細については、あきる野市観光協会のサイトをご覧ください。

■アクセス

JR五日市線 武蔵五日市駅からバスで15分、十里木(じゅうりぎ)バス停下車

■コースガイド
JR武蔵五日市駅→[バス:15分]→ 十里木バス停→[16分]→ 徳雲院→[21分]→ 五柱神社→[13分]→ 龍珠院→[15分]→ 西青木平橋→[16分]→ あきる野ふるさと工房→[8分]→ 乙津花の里→[16分]→ 秋川渓谷瀬音の湯→[4分]→ 石舟橋→[8分]→ 十里木バス停→[バス:15分]→ 武蔵五日市駅
落合橋からの眺め
落合橋からの眺め
杉が有名な五柱神社
杉が有名な五柱神社
龍珠院(秋)
龍珠院(秋)
景観の良い青木平橋
景観の良い青木平橋
乙津 花の里(春)
乙津 花の里(春)
秋川渓谷瀬音の湯
秋川渓谷瀬音の湯
撮影ポイントの石舟橋(秋)
撮影ポイントの石舟橋(秋)
大きな地図で表示


このページの一番上へ