登山

浅間嶺(せんげんれい)

  • 標高 : 903メートル
  • 難易度 : ★★☆☆
  • 一般・初心者向け
浅間嶺山頂
浅間嶺山頂
緩やかな浅間尾根を歩く

東京都檜原村にある山。山名は富士浅間神社があることから名付けられたと言われ、晴れた日は富士山の展望が抜群。山頂には桜が多く特に春は多くの人で賑わいます。浅間尾根は、かつては物流や村民生活のメーンストリートでした。木炭や米、塩などの生活日用品を運んだ交易道で、なだらかで歩きやすい道に石仏が点在し、当時を偲ばせます。丹沢の山々や、御前山・大岳山などの奥多摩の山々を望む見晴らしの良い尾根道を歩けます。

おすすめコース紹介
浅間尾根コース
  • 歩行時間 : 約4時間50分
  • 難易度 : ★★☆☆
浅間尾根コース

なだらかな道に石仏が点在し、歴史と山里の自然にふれるコースです。スタートの払沢の滝入口バス停からすぐの分岐を左に入ると、日本の滝百選の「払沢(ほっさわ)の滝」があり、見所の一つ。滝からは一旦分岐までもどり、大パノラマの時坂峠へ向かいます。時坂峠からは景色を楽しみながら浅間嶺山頂へ。見晴しの良い山頂には休憩所があり、トイレや東屋があります。

浅間嶺からは人里峠を経て、数馬分岐へ。浅間尾根登山口に下山します。
※浅間登山口バス停から徒歩約15分に「数馬の湯」があり、汗を流して帰れます。

■アクセス

JR五日市線武蔵五日市駅 → 西東京バスで約25分、払沢の滝入口バス停で下車
西東京バスハイキング時刻表(PDF)はこちら

■コースガイド
払沢の滝入口バス停→[15分]→ 払沢の滝→[55分]→ 時坂峠→[90分]→ 浅間嶺→[20分]→ 人里峠→[90分]→ 数馬分岐→[40分]→ 浅間尾根登山口
※帰りは浅間尾根登山口からバスで武蔵五日市駅へ(所用時間 約50分)
日本滝百選の払沢の滝
日本滝百選の払沢の滝
春の浅間尾根
春の浅間尾根
浅間嶺から大岳山
浅間嶺から大岳山
浅間嶺山頂
浅間嶺山頂
浅間嶺から望む富士山
浅間嶺から望む富士山
浅間嶺の祠(旧神社跡)
浅間嶺の祠(旧神社跡)
冬の浅間嶺
冬の浅間嶺
大きな地図で表示


このページの一番上へ